大根の壺 - ベランダと庭で大根菜園









ダイコン臭い、匂いの成分は?





ダイコン臭い、匂いの成分は?








寒い冬が長くてダイコンを食べる機会が増大しています。


最近、昼間でも太陽ががんがんにあたっても五度以下という日が続いています。

こんなこと数年前、10年前にはなかったんです。そんなことを言っていたのも懐かしい、そんな口癖になる以上に当たり前のようになっているこのごころですが、

とにかく、少しでも北風が吹くと、シベリアかと思うほどの気温低下が発生してもう、だめです。

そういう時には畑へ行っても回りに人が誰も居ません。誰も寒くて畑へ行くことさえ躊躇しているようです。みなそれほど気合を入れてやっているわけではなく、 これといってもやることもないので、果樹園の鉄骨工事をしている作業の人くらいしか見ることはなく、誰もいません。歩いている人さえいません。

畑が多い場所は農業専用地域だったりして、家がありません。そうなると人がいません。しかし、農地の中に家が経っている場所もあります。時代により OKだったようです。不公平でいいな、と思ったりもします。

そういう農地が貸地あります!と大々的に看板があって、昔なら飛びついていたところですが、今では、別に家を建てるわけじゃないですし、 生産者になれる程のひろsがあるわけでもなく、なっても、これからの法改正で全く、さきゆきの不安が絶えない業界であり、人口が減る以上は、 食料生産量は減り、さらには輸入が増えて、貿易黒字が赤字になり久しく、もう赤字が当たり前という時代です。

円安という理由が一番大きいのですが、なんでもスマホがいっぱい売れたから、スマホは海外で作られているから、とか言っているニュースがありました。

なんでもスマホのせいにするな!と思いました。スマホは悪、ITは悪?

確かに悪もあるでしょう。スマホの前に2000年の頃に2000年問題を端にITバブルが巻き起こりました。関係ない人には関係ないですが、一応、 各家庭にパソコンというものが普及した年でした。

懐かしいですね。それまでパソコンやスマホなんて個人家庭にはなかったんですから、、、会社でもPCは部署で一台とか、プリンターも並んでいて、徹夜作業で 資料をプリントしたそうです。

結局、IT化がもたらしたものは雇用枠の減少でした。

よく、なんとか需要をつかんで、雇用の拡大を図るなんてニュースやお偉いさんは言っていますが、雇用の回復を図るといってもらいたいものです。

パソコンが導入されたことで悪いことしか起きていません。雇用に関しては。

雇用が減ったわけです。それまで人出で何十時間もかけて作っていた資料が五分以内に作れる。

聞きたいことは、電話番号を調べて、電話をとりつないでもらって調べて、アポを取って訪問して、打ち合わせを何度もして、長く長く先延ばしにしながら ものごとを決めていき、時間を使うことだけがいいとされてきた中で、1クリックと数行の文字列で済む。

数百時間が数秒で済むようになりました。もちろん、これにより、ITツールを作る人は必要ですが、得てして待遇も悪く、作る人は損をする仕組みです。

これで、オフィスワーカーという人が数百分の1で済むようになったわけです。

その他の99%の仕事が効率化された人は、他の職種へ移れるか?移れない、産業革命です。しかし、全く、変革もせずに政府が政党争いばかりを 繰り広げている間にさらに悪化して、日本全体が赤字、景気低迷へと進んでいったのです。

もはや、気候も経済も氷河期だっていうことですね。

そういう時には、無性にダイコンが食べたくなります。


おそらく、ダイコンは体を温める効果があるのではないでしょうか?


しかし、ダイコンは臭い!


臭すぎます。たとえ、寒い10度以下の部屋であったとしても、ダイコンを1ヶ月ほど置いておくと、たくあんにするような状態になります。

これはいい状態です。しかし、たまに黒く腐っているものがあると、強烈な匂いがします。日本のドリアンか?というくらいに臭いです。

そんなダイコンは食べてもくさいです。ほんとうはかなり臭いのですが、食べる時には風味とかいってごまかしていますが、ダイコンの料理が時間が 経ってからかぐととても臭いです。

また、それが体内で同じように臭くなっているとすると、出るものも臭いわけです。

さすがに、にんにくのように油にのって、毛穴からは匂いませんが、つまり、水溶性の成分なのか?

臭いわけです。

しかし、におい、くさい、というのは成分であって、得てしていいものが多いです。

体を温めるならダイコンを食べれば、この極寒の冬の寒さを楽勝で乗り越えられるものが作れるかもしれません。

たしかに、わさび、西洋わさびであるマスタードの原料はカラシ菜という菜の花の種です。それを酢漬けにしたものが粒マスタードなんて言われています。

これはダイコンとおなじ辛味がしますので、近いものかもしれません。

その辛い味がする葉でわさび菜というものがあるのですが、これを食べると体が緩んで血行が良くなる気がします。

また、ダイコンおろしを生で食べれば、かーっと、暑くなってあきらかに血行が良くなっています。

火を通すと辛くありません。みぞれ鍋などというと、辛味が飛んでいます。つまり、ダイコンは生でがんがん食べろ?

ということでしょうか?

だから、刺し身でわさびとダイコンのつまを食べまくっていれば、体が温まっていい感じです。そういうわけで、マグロの刺し身が国内で一番人気な わけかもしれません。

しかし、全くの想像で根拠はありませんが。


ところで、ダイコンの匂いの成分は

メチルメルカプタン、メタンチオールという物質です。



これがおならの臭いと一緒、じゃあ、おならの匂いを食べておならを出している?

不可思議な状態になりますが、とりあえず、熟成されたダイコンはかなり臭く、大変です。

辛味成分でもあります。

つまり、熟成するほどに辛く、かーっとなるのか?しかし、これ以上臭くなられたらたまりません。

ただ、真冬の厳寒期は、寒すぎてそれどころじゃありません。

臭くても匂いなんて、乾燥と冷気で拡散しません。

それよりも、かーっと暑くなれることが大事です。

夏のムシムシとした昔のような夏の梅雨だったら、大変です。この匂いはもう拡散したら、あたり一体が臭くなります。

このメチルメルカプタン(メタンチオール)という物質は取り扱いがやっかいですね。

だから、冬にこそダイコンを食べたらいいのかもしれません。

ちなみにたくあんが臭いという意見もありますが、たくあんなんてダイコンの生の臭さと比べたら、全然、臭わないのと同じです。








おすすめのページ!






おすすめ商品は↓こちらから!








公園水槽レイアウトネギズッキーニフィルム現像ゴーヤー山林うさぎイチゴ熱帯魚 病気 飼育文鳥海釣り公園ショウガ、ミョウガ種まき方法トマトの育て方海岸、浜、港イモの育て方菜の育て方カブの育て方マメの育て方壁、塀うさぎ 飼い方クロスバイクデジタルトマトレトロ写真の撮り方壁のサイト根、茎、葉