大根の壺 - ベランダと庭で大根菜園





大根の育て方

  • ダイコンの育て方(秋冬大根)
  • ダイコンの育て方(春大根)

  • 宮重大根、青首ダイコンの育て方

  • 白首ダイコン、夏大根の育て方

  • 赤ダイコンの育て方

  • 黒ダイコンの育て方

  • 青長ダイコン、ビタミン大根の育て方

  • ラディッシュ、赤丸二十日大根の育て方

  • ミラノ大根の育て方

  • 聖護院ダイコンの育て方

  • みの早生ダイコンの育て方

  • 和歌山ダイコンの育て方

  • 三十日ダイコンの育て方

  • 亀戸ダイコンの育て方

  • 北京紅芯大根(ペキンコウシンダイコン)の育て方

  • カザフ辛味大根(カザフカラミダイコン)の育て方

  • 桜島大根(サクラジマダイコン)の育て方

  • 三浦大根(ミウラダイコン)の育て方

  • 練馬大根(ネリマダイコン)の育て方

  • ラディッシュ、紅白二十日大根の育て方



  • その他のこと

  • 大根の種類一覧

  • 冬が早いのでダイコンがよく育つ

  • 税金だらけなのでダイコンを育てよう

  • 庭でダイコンは育つか? - 都会の不動産

  • 西湘地域の南斜面にキッチンからリビング、キッチンガーデンがあるような家が欲しい

  • 寒さは寒気が上空に来ているかどうかで決まる。氷河期を生き延びる!

  • 太陽光発電と家庭菜園は似ている?

  • ダイコン臭い、匂いの成分は?



  • リンク

  • 不動産一括査定 匿名
  • 痩せ菌サプリ おすすめ
  • 仕事の探し方 20代 女性





  • ミラノ大根の育て方−種まき時期、肥料、間引き、大根の葉、土寄せ、収穫







    ミラノ大根の育て方−種まき時期、肥料、間引き、大根の葉、土寄せ、収穫








    ミラノ大根の育て方



    種まきの時期 肥料(1m²あたり) 栽培方法
    北海道:7月中旬-8月上旬
    冷涼地:7月中旬-8月下旬
    中間地:8月上旬-9月上旬
    暖地:8月下旬-9月中旬
    元肥(例)

    ・苦土石灰: 0g
    ・窒素: 6g (N)
    ・リン酸: 10g (P2O5
    ・カリウム: 5g (K2O)
    ・堆肥(牛ふん): 1000g

    追肥

    ・窒素: 0g (N)
    種まき方法

    種を播く2週間以上前に、堆肥を施肥しておきます。

    種は植え穴に点播きか、筋を作って筋播きします。害虫から守るために防虫ネットをかぶせて発芽、育成します。

    年内の早い時期に収穫するためには、可能な範囲で早く種まきをします。

    収穫時期

    種まき後、3ヶ月程度で収穫できます。あまり長い間、収穫しないと、裂根やトウ立ち(硬い筋が根にできてしまう)してしまいますので注意が必要です。

    品種によって硬くなるまでの日数は違います。改良品種のように早く育つ大根ほどスジがでてくる期間が早いです。



    発芽直後のミラノ大根です。

    とてもか細い大根です。葉が小さく弱々しい感じです。
    色素が強く、紫色がすでに現れています。茎をみただけでどの色になるかが分かります。

    といっても、大根は赤、白、緑、紫、くらいしかありません。
    成長しました。

    一気に茂って見えません。
    しかし、まだまだ根元は大根らしいものは見えません。
    よく土の表面を見ると、かすかに根が膨らんでいます。
    少し掘ってみると、結構出来ています。
    ミラノ大根の収穫です。

    初めて育てると戸惑う感じのミラノ大根です。育てるのに時間がかかりました。
     
     








     
     
     
     
     
    不思議すぎる見た目です。

    とても色が濃いです。特に日焼けした地表部の根は色が濃くなり黒に近いくらいです。

    大根の栽培というより、ニンジンのような感じのシワが多いです。
    形もニンジン、色もニンジンぽいです。
    まさしく、このシワがニンジンぽいのですが、大根なのです。不思議な大根です。

    育てて見る価値はあります。
    断面は真っ白です。

    どうしてこういう色なのか?

    この成分はからだに良さそう?などと考えたりしますが、得てして普通に野菜にはいい成分が多いです。

    植物とは薬になっていたように必ず、色々な成分が含まれていて、何かしらの効果があります、悪い効果もいい効果もありますので、目的に応じて、むしろ無意識に人が好むものが体がもとめているものなのかもしれません。

    味はあまり印象に残っていませんが、辛くはなかったです。甘くもなく、臭くもなく、 少し緻密な感じのする大根でした。